PRODUCED BY 野村不動産アーバンネット


【葛飾区金町】下町情緒×再開発で魅力創出

 
金町六丁目駅前地区第一種市街地再開発事業出典:葛飾区役所HP

東京23区の東部に広がる葛飾区は古くから住宅地として開発が進み、下町らしい情緒が漂う街として注目されています。JR常磐線の「金町」駅、京成金町線の「京成金町」駅周辺も温かみのある街並みに活気あふれる商店街が広がります。

都立水元公園

エリアの西には江戸川が流れ、「水元公園」など大規模公園が近く、自然に親しめるスポットに恵まれていることも魅力です。JR常磐線の東京メトロ千代田線直通電車で「大手町」駅にダイレクトアクセスできるなど、都心からアクセスしやすい立地ながら暮らしやすい街として人気を集めてきました。

 

都心直結ながら下町情緒と豊かな自然に彩られた街
東京理科大学 葛飾キャンパス

近年は「金町」駅を挟んで南北で再開発が行われ、タワーマンションが誕生するなど、新旧の魅力を併せ持つ街に進化しています。再開発に合わせて「葛飾区立中央図書館」、「葛飾にいじゅくみらい公園」、「未来わくわく館」など公共施設も整備され、暮らしの利便性が大幅に向上しています。2013(平成25)年には「東京理科大学 葛飾キャンパス」がオープンし、アカデミックな雰囲気も漂うようになりました。

今後も複数の再開発や「東京理科大学 葛飾キャンパス」の拡充などが予定されており、さらなる魅力が誕生することも期待されています。

 

 

「金町」駅を挟んで南北で再開発が進む
葛飾にいじゅくみらい公園

下町情緒が漂う金町エリアですが、近年は再開発が進み、近代的な街並みへと進化してきました。「金町」駅の南口側では金町六丁目地区の再開発が2009(平成21)年度に完了し、住宅やショッピング施設などが入る「ヴィナシス金町」が誕生しています。

ヴィナシス金町

「金町」駅の北口側にはかつて「三菱製紙 中川工場」が広がっていました。「三菱製紙 中川工場」は2003(平成15)年に閉鎖となり、跡地の再開発が広がりました。2005(平成17)年には新宿六丁目地区地区計画が都市計画決定され、公園や教育施設、住宅の整備が始まりました。

教育施設は「東京理科大学 葛飾キャンパス」として、2013(平成25)年4月にオープンしています。公園も2013(平成25)年4月に「葛飾にいじゅくみらい公園」が開園しました。

「東京理科大学 葛飾キャンパス」と「葛飾にいじゅくみらい公園」は一体的に整備されたことが特徴です。「東京理科大学 葛飾キャンパス」を挟むように「葛飾にいじゅくみらい公園」が広がり、ともに憩いの場として親しまれています。また、「東京理科大学 葛飾キャンパス」内には遊びながら科学を学べる「未来わくわく館」も誕生し、家族で楽しむことができるスポットとなっています。

大規模工場跡地等を活用した街づくり出典:葛飾区役所HP

「東京理科大学 葛飾キャンパス」と「葛飾にいじゅくみらい公園」は一体的に整備されたことが特徴で、ともに憩いの場として親しまれています。また、「東京理科大学 葛飾キャンパス」内には遊びながら科学を学べる「未来わくわく館」も誕生し、子どもに人気のスポットになりました。

住宅は2016(平成28)年2月に地上37階840戸の大規模タワーマンション「シティタワー金町」が完成しています。

「三菱製紙 中川工場」跡地の再開発は今も行われています。「シティタワー金町」の隣接地では地上19階610戸の大規模マンション「シティテラス金町」が建設中で2021(令和3年4月に完成する予定です。「東京理科大学 葛飾キャンパス」も南西側に敷地を拡充する計画があり、2022(令和4)年度の供用開始を目指しています。

 

東京都心にダイレクトアクセス、「成田空港」にも好アクセス
京成スカイライナーと京成本線

金町エリアからはJR常磐線と京成金町線が利用できます。「金町」駅からのJR常磐線はほぼすべての電車が東京メトロ千代田線に直通し、「大手町」駅や「有楽町」駅など東京都心方面にダイレクトアクセスできます。JR常磐線の下り電車に乗れば、「松戸」駅や「柏」駅方面へのアクセスも便利です。

「京成金町」駅から京成金町線に乗り、「京成高砂」駅で京成成田スカイアクセス線や京成本線に乗り換えれば「成田空港」にもスムーズにアクセスできます。

 

更に進む南口駅前の開発と、東金町一丁目西地区の魅力向上

「金町」駅の南口バスターミナルに面した金町六丁目駅前地区の再開発は、2006(平成18)年6月に準備組合が設立され、2010(平成22)年3月に都市計画決定、2015(平成27)年11月に再開発組合の設立認可を受けていました。2018(平成30)年12月に着工を迎え、2021(令和3)年夏予定の竣工を目指して工事が続けられています。

金町六丁目駅前地区第一種市街地再開発事業出典:葛飾区役所HP

金町六丁目駅前地区の再開発では地下1階地上21階高さ約86mのビル「プラウドタワー金町」が誕生し、約190戸の住宅のほか、地上1階から3階にはショッピング施設も入る予定です。完成すれば、暮らしの利便性が大幅に向上するだけでなく、新たな金町エリアのシンボルとして親しまれることになるでしょう。

「金町」駅の北口側でも再開発の検討が進められています。「イトーヨーカドー 金町店」、「金町自動車教習所」とその西側約3ヘクタールを対象とした東金町一丁目西地区の再開発は平成28年に再開発準備組合が設立されました。

東金町一丁目西地区の再開発出典:葛飾区役所HP

今のところ、ショッピング施設や自動車教習所が入る地上3階建ての1期棟、約700戸の住宅とショッピング施設、公共施設などで構成される地下2階地上44階の2期棟、公共施設などが入る地上3階建ての3期棟を整備する構想になっています。

2019(令和元)年度の都市計画決定、2020(令和2)年度の再開発組合設立認可を目指し、2021(令和3)年度に着工、1期棟は2024(令和6)年度、2期棟2027(令和9)年度、3期棟は2029(令和11)年度の完成を予定しています。

東金町一丁目西地区の再開発が実現すれば、金町エリアのさらなる利便性向上も期待されます。

掲載日
2019/11/30

本記事は、(株)ココロマチ が情報収集し、作成したものです。記事の内容・情報に関しては、調査時点のもので変更の可能性があります。

このエリアの店舗不動産の購入や売却についてのご相談は、お気軽にスタッフまでお申し付けください
  • 野村の仲介北千住センター
    0120-992-450(通話無料・携帯もOK)

    営業時間 : 9:30~18:10

    定休日 : 火曜日・水曜日

    店舗情報はこちら
このエリアのノムコムおすすめ!マンション
マンションデータPlus より
プラウドシティ金町ガーデン
千代田・常磐緩行線 「金町」駅
プラウドシティ金町アベニュー
千代田・常磐緩行線 「金町」駅
ヴィナシス金町タワーレジデンス
千代田・常磐緩行線 「金町」駅
シティタワー金町
千代田・常磐緩行線 「金町」駅
オーベル金町レジデンス
千代田・常磐緩行線 「金町」駅